Maker’s Clubみんなの工作博物館
子育て セミナー

実践的アドラー心理学セミナーのツボ#4

ここでは、開催された「実践的アドラー心理学セミナー(ELS)(第1期)」の内容からワンポイントレッスン♪

感情、特に「怒り」の感情と上手につきあう方法を学ぶことを学びます。
怒りが生じる前に、必ず、その原因となる感情が生じています。
怒りを抑えようとするのではなく、自然な感情と受け入れることから始めましょう。
そして、怒りの原因となる感情を適切に表現できる方法「Iメッセージ」を身につけます。

日程:2020年6月20日(土) 10:00-12:00

テーマ:感情を使う目的と建設的な表現
ワンポイント:「怒り」の素の感情を知って、I(アイ)メッセージで上手に伝えよう。

怒ることは悪いこと?

感情は、心のサイン

私達は子供の時から、「怒ってはいけない」「感情的になるのは恥ずかしいこと」と教えられてきています。社会で人と付き合っていく上で、確かにそれはその通りです。でも、怒ることは悪いことなのでしょうか?

怒るという感情も「喜怒哀楽」の4つの代表選手に選ばれているくらいですから、主要な大切な感情です。「怒る」感情を持つこと自身は「悪い」ことではないです。抑え込もうとしても、基本的な感情ですから、無理な話というわけです。

「怒るのを我慢しても、結局、爆発してもっと怒っちゃった」ってことありますよね。

実は、この「怒り」は、ある事柄に反応して生まれる感情ではないんです。

「怒り」の前に、その怒りを生み出す「根っこの感情」があるのです。

この「根っこの感情」を大切に扱えば、「怒り」をコントロールすることができるのです。

今回のセミナーでは、参加者の具体的な場面を使いながら、「怒り」の前に生じている「根っこの感情」に気づくことと、感情を、効果的に表現するためのコミュニケーションスキル「I(アイ)メッセージ」を学びました。

毎回、参加者の事例を扱うのが、このセミナーの特徴ですが、「怒り」の事例については、次々に出てきました。みんなの共通の課題なのですね。

ポイント:目的のために感情を使う

①目的を達成したくて感情を使う

こどもが、片づけをしていない。親側の私達は、かっとして、つい、怒ってしまう。よくある場面ですよね。この時、私たちが怒りの感情を使う目的は何でしょうか?

「指示を聞いて欲しい」。聞いてもらうために怒っているんですね。でも、これは二つの理由で建設的ではありません。

  1. 怒って言うことを聞かせても、「自分で考えて自発的に片づける力」は子供に身につかない。
  2. 「怒り」の感情を引き起こした感情に向き合わなければ、この「怒り」の場面は、これからも続く。

②「怒り」を引き起こしている感情に注目する

「怒り」は、その前段階に、「怒り」を引き起こす感情があります。この時、「怒り」を二次感情、「怒り」を引き起こす感情を一次感情と呼びます。

片づけをしない子供を叱り、「怒る」のは、

「片付けができないと、将来、社会に出てから困る」という「不安」があるからです。「片付けするように何度も言うのにできていない」という「苛立ち」があるからです。「片づいていない部屋にいる」ということに「不快感」を感じるのかもしれません。

同じ「片付いていない」という事実に対して、生じる一次感情は、千差万別です。

それぞれの人の持った一次感情が何かにまず気づき、次に、それをコントロールすることが大切なのです。

「怒り」の感情を建設的な表現で伝えて、目的を達成する方法

「目的を達成できて、こどもが『自発的に行動できる』勇気づけになり、この「怒り」の感情をコントロールできる」、具体的な方法は何でしょうか?

それが、I(アイ)メッセージです。私メッセージとも言います。

一言で言えば、「私」を主語として表現します。
Iメッセージには、、

一次感情を気持ちを相手に伝えて目的に協力してもらうことの依頼

を盛り込みます。

先の、片づけをしない子供の例なら、

「あなたが片づけをしていないのを見て、私は、あなたがこのまま大人になったら困るだろうなと思って心配な気持ちになるの。これからは、片づけをしてから次のおもちゃで遊んでくれると、私はとても嬉しいな。」

という具合になります。

こんなこと言えるぐらいなら、怒ってないわよ~という声が聞こえてきます。

でも、怒って言うことを聞かせたところで、あなたの一次感情(不安や心配など)は満足しないしあなたの目的(こどもが自主的に適切な行動をとる)は達成できていないのです。

物は試しでやってみませんか?トライしてみてください。

Maker’s Clubのご案内

Maker’s Clubは、こども達の工作体験と並行して、親御さん向けのセミナー「実践アドラー子育てセミナー」を開催しています。単に学ぶだけではなく、それぞれの課題や困りごとを共有しながら、子育て支援をしています。こども達だけでなく、親御さん同士もつながって、みんなでこども達の夢と成長を支援しましょう。

タイトルとURLをコピーしました