Maker’s Clubみんなの工作博物館
自動車 のり物

★2 かっこいいクラシックカー/1909年型フォード・T

かっこいいクラシックカー/1909年型フォード・T

特徴・難易度

  • 特徴:

クラシックカー。前輪をボンドで固定しているので走らせることはできません。色を塗って飾るとカッコいいと思います。

  • 難易度:★☆☆☆☆(初級)
  • 材料費:ケント紙と竹ひご、と少しの針金。100均ショップ円。木材なら、もう少し高い。
  • 今回の製作に使った材料一覧

詳しい説明

作るときの注意点・感想

厚紙は、ケント紙を使うと良いです。一般の工作用紙では、厚すぎて、うまく加工ができません。
針金を曲げるのが難しいですが、最後にほろをかぶせてしまえば、ゆがみは見えなくなります。
色を塗ることができていませんが、時間を見つけて塗りたいと思います。

今回の製作に使った材料

工作記事では、紙を使っていましたが、木の方がいいと思ったので、木で作りました。サイズも少し変えました。でも、仕組みは同じです。

材料

すべて、100均ショップで買える材料ばかり。

  • ケント紙
  • 竹ひご
  • 折り紙(ほろ用)
  • 少しの針金

用意する工具

  • セメダイン(木工用ボンドでも可)
  • カッター、カッターマット
  • 筆記用具
  • 目打ち(または、ピンバイスΦ3mm)

●参考資料

  • 「1909年型フォード・T」
  • 海保洋司,「90分でできる工作集」pp.18-19, 誠文堂新光社)

製作者、完成日と製作日数

  • けきさん、リケジョ、社会人。
  • 2020年6月
  • 2週間
    • 帰宅後や休日の空き時間に、ぼちぼち進めました。

未来のメイカーへのメッセージ

コンピュータ仕事ばかりをしているので、紙工作は大変苦労しました。参考にした本のタイトル「90分でできる工作」と書いてありましたが、私には何日もかかりました。厚紙の厚さを間違えたり、針金がくっつかなかったり。3回も一からやり直す羽目になりました。やめてしまおうかなと思うこともありましたが、日にちを置いたらまた作ろうという気になりました。あきらめずにまずは完成させたときには、本当にうれしかったです。工作は作る過程にも意味があるなぁと思いました。

この工作での体験は、技術者の仕事に限らず、多くの場面で役に立つと思います。

今はまた、「次は何を作ろうかな」と、楽しみな気持ちになっています。

みなさんも、この、山あり谷ありの楽しい工作を味わってみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました