Maker’s Clubみんなの工作博物館
部活 飛行機

風に漂うハンググライダー

ロガロウイングのハンググライダーです。滑空するときに、ポコンと二つの山を作るロガロウィングは、宇宙活動のためにNASAが研究したものがもとになっているそうです。棒とビニール袋だけで出来てしまう簡単な工作です。ぜひ、楽しんでください。

ヒノキ棒とビニール袋と段ボール、竹ひごでできる、楽しいハンググライダーです。

紙飛行機とはまた違う楽しい飛び方をします。 

風に乗って飛ぶグライダーの画像

風に乗るという感じがおだやかです。

飛び出すと、ゆとりを持たせたグライダーの布(今はビニール袋を開いたもの)が、丸みを帯びて、風を抱えて飛びます。

難易度

入門★☆☆☆☆

材料

材料
  • 3x3mmのヒノキ角材(430mm×3本≒1290mm)
  • 竹ひご 100mm
  • 45Lのごみ袋
  • 段ボール(人形のサイズ程度)
  • タコ糸
用意するもの
  • ピンバイス
  • 接着剤(アロンアルファ、木工用ボンド)
  • カッター、はさみ
  • 定規(300mmあると便利)
  • 紙やすり
  • 鉛筆
  • 模造紙か新聞紙(凧の骨の位置を決めるための実物大設計図(配置図)を書く。)

この工作のポイント

重心が飛距離を決める

重心は人形の位置(姿勢)が決めます。まだまだ調整不足ですが、重心を上手く調整すれば、もっと飛ぶようになるはずです。

ある物で作れる

手元にある物で作ることができます。実際、ヒノキ角材が足りなくて、横に渡している骨は、Φ3の竹ひごを縦に半分に割いて使いました。

工作も簡単ですし、ぜひ作ってみて欲しいです。

タコ糸がかっこよさを倍増させる

グライダー中央に上に向かって伸びる竹ひごで作った棒には、三角形のグライダーの骨の4つの端に伸びた糸が計4本あります。その4つの端から、グライダーの下方向へは、グライダーに載っている人が捕まっているバーの左右の角と、糸で結ばれています。

全部で8本の糸があります。

この糸を付けると、グッとかっこよくなります。飛んでいる姿も本物のように見えます。

工夫したところ

塗装

グライダーの後縁をポスターカラーで色を付けました。これによって、飛んでいる時のグライダーの盛り上がる様子がよく見えました。

人形もポスターカラーで目立つ色を塗りました。

工作は塗装が大切だと最近思います。

重心位置

重心位置の工夫で飛び方が変わります。今は接着剤ではってしまっている人形ですが、ここを自由に変化できるようにすれば、もっと調整しやすい模型飛行機になります。

飛ばし方

人形を取り付ける前は、すーっと真っ直ぐ前に飛んでいく感じでしたが、人形を取り付けると、重くて、あまり飛ばなくなったのが残念です。

人形を取り付ける前に動画を取っておけばよかったと思います。

飛ばす時は、グライダーの機首から機尾になるヒノキ棒を持って、少し、上向きに、軽く押し出すようにすると、すーっと滑空します。

人形の位置で重心が決まるので、重心位置が良くない時は、グライダーの機首や機尾に、ビニールテープを巻き付けるとかして、重心を調節してみてください。

飛ばしに行く時の大切な注意

調整しているうちに、必ず壊れますので、

  • はさみ
  • 接着剤

は、必ず持って行くことをお勧めします。

工作「楽しいハンググライダー」 画像

いろいろな方向から撮影したグライダーの画像です。

上から伸びている糸は、吊り下げるためのもので、実際には付いていません。

 

参考資料

「たのしいハンググライダー」、子供の科学、1973年10月号、pp.184~186。

製作

2020年11月15日、Joe(中3)

タイトルとURLをコピーしました