Maker’s Clubみんなの工作博物館
匠の技 みんなの工作博物館 おもちゃ・雑貨

「風で走るヨット」のミニチュア・アート

「風で走るヨット」のミニチュア工作が届きました

Maker’s Clubみんなの工作博物館の「風で走るヨット(2020.07)」のミニチュアアートが、自称クラフト職人の「大ちゃん」さんから届きました。

大ちゃんさんのミニチュアアート

樹脂粘土でできています。船体の長さは、3cmです。

Maker’s Clubメイカーが作った、模型工作「風で走るヨット」の船体の全長は、約16cmですから、3cmのミニチュアのヨットと並べてみると、こんな感じです。(イメージ)

後で、実際にこの二つを並べた写真を撮って掲載します。

ミニチュアアートの作り方といくつかの作品をご紹介頂きました。
以下、大ちゃんさんからのご紹介です。

樹脂粘土で作るミニチュアフードのご紹介

樹脂粘土でミニチュアフードを作るのは、とても楽しいです。

Maker’s Clubのみんなの工作博物館では、作り手の「創造力」「工夫」を大切にしておられると聞いています。ミニチュアフード作りも、模型工作のひとつです。

100均の樹脂粘土絵の具を使い、あなたもミニチュアフード作りに挑戦してみてください。

作品は、マグネットや根付けにも加工できますよ。

YouTubeで、「ミニチュア」「樹脂粘土」と検索すると、作り方がたくさん出てきます。楽しんでくださいね。

ミニチュア 樹脂粘土
検索

材料、用意するもの

用意するもの

■たぶん、買うもの
  • 樹脂粘土
■たぶん、家にあるもの
  • 絵の具セット
  • つまようじ5、6本
  • 輪ゴム1、2本
  • 木工用ボンド
  • アルミホイル5×5cmほど
  • 古歯ブラシ
  • カッター
  • カッター板
  • ウェットティッシュ(手拭き用のため)
  • (おうち以外の場所で作る時は、)作品を持ち帰る入れ物

➡持ち帰る際は作品が完全に乾いていないので、つぶれるのを防ぐため。
100均のプラスチックフードケース等がおすすめです。

費用と作成時間

  • 材料費 :いずれの作品も数百円で、沢山作れます。
  • 製作時間:30分~1時間程度。作品の種類、数によります。

ミニチュアフード工作の楽しいプロセス

アップルパイ

ホンモノのアップルパイと同じ手順で作ります。見えないところも、丁寧に手抜きなく作るのは、模型工作と同じですね。ぴかぴか光っているツヤ出しには、100均のトップコート(マニュキアの上に塗るもの)を使います。

バウムクーヘン

バウムクーヘンはストローに巻き付けて作ります。
続いて、カッターで切ります。
カッターで簡単に切れますよ。

チェック模様のサンセバスチャン(ケーキ)

抹茶のサンセバスチャン

チョコのサンセバスチャン

 

作品提供者

  • 大ちゃん(自称クラフト職人)
  • 2020.08.

未来のメイカーのみなさんへ

 

せっかくの夏休みですが、コロナ禍を避けておこもり中です。
この機会に、YouTubeを見ながら手遊(すさ)びミニチュアを作ってみました。
始めたばかりで、まだまだ満足いくデキではありませんが、粘土を捏ねていると無心になれて落ち着きます。

2020年8月9日

自称クラフト職人・大ちゃん

 

参考:みんなの工作博物館の「風で走るヨット」

Maker’s Club みんなの工作博物館「風で走るヨット」

この工作の時に、参考にしている工作記事:

  • 「サンド・ヨット」、子供の科学(誠文堂新光社)1970年9月、pp.92-93
タイトルとURLをコピーしました